PEN-F*Life

カメラと、写真と、日々の暮らしの記録。

雪は積もり 白く染まる

冬の湖1

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 

最近あまり写真も載せていなかったので少し載せてみます。

まずはどこまでも続く雪景色の平野・・・

ではなくこちらは氷が張った湖なのです。雪国の冬には見慣れた風景なのですが、雪の積もらない地域に

お住まいの方は見たことがないのかな、なんて思ったので写真に収めてみました。

 

冬の湖2

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 

柵の向こう側が全部湖になっています。この時期は氷上でワカサギ釣りが楽しめます。

冬の風物詩にもなっています。父親が釣りが好きだったので、小さな頃は連れられて行きました。 

大人になってからは1度くらいしか行った記憶がありません。 寒くてなかなか・・・。

 

冬の海1

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 

こちらは昨日の海です。雪が降ったり止んだりと忙しい天気でしたが、風がとにかく強かったので

とても波が高かったです。なかなかの荒れ具合でした。

 

冬の海2

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 

冬の海3

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.


そこそこ離れて写真を撮っていたけれど、波飛沫が飛んでくるくらいの勢いでした。

イメージ的には東映映画のオープニングを彷彿するような荒ぶった波具合でした。

 

冬の海4

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.


一面に広がる水平線を見ていると、地球が丸いということを実感します。

海が大好きなのですが、こういう冬の荒々しさのある海も割と好きです。

カラーで撮っているのですが、なんとも渋い感じの色乗り。

写真はJPEGでしか撮らないので、ブログ用にサイズを小さくするだけ。

故にRAW現像とか一切していません。面倒くさいので。

 

 

ここからはモノクロ撮りでお送りいたします。 

白鳥の湖1

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 


氷が張った湖には白鳥が戯れていました。何気なく撮った写真、後から見直してみると

なんとなく右上の雲が白鳥が飛んでいる姿のように見えました。気のせいかな・・・疲れてるのかな・・・

 

白鳥の湖2

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.


白鳥もきっと寒かったのでしょう。寒い日はこうして丸まっているのです。

何羽も丸まっている光景はなかなかシュールだったりします。

 

白鳥の湖3

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 

このような感じで丸まっている白鳥が多かったです。やっぱり何とも言えずシュールです。

 

白鳥の湖4

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.

 

白鳥の幼鳥はグレー色をしています。左側の丸まっているのがそうなのです。

 

靴ひも

LEICA X1 * ELMARIT F2.8/24mm ASPH.


靴ひもはきちんと結びましょう。間違えても冬道はこんな感じでは歩かないように気をつけて!

 

 

 

お供のカメラはライカのコンデジ、LEICA X1だけでした。

目的も別のところにあったし、あまりにも寒かったので長時間写真を撮る気になれず・・・(;^ω^)

冷たい空気感がほんの少しでも写真から伝われば。